増えるリハビリ特化型デイサービス!とは?

機能訓練指導員が活躍するリハビリ特化型デイサービスとは


近年、全国各地で最も勢いがあり、開業が進んでいる介護サービスが「リハビリ特化型デイサービス」です。

この施設では多くの機能訓練指導員が活躍の場として勤務しています。




従来の通所介護施設(デイサービス)とは異なり、リハビリや介護予防、

フィットネスなどの訓練に特化した新しい通所介護施設です。


利用者様は介護保険サービスを使って、日常生活の動作や運動機能の回復をめざし、施設に通われています。


ここに通われる利用者様の目的は「自立」です。


できる限り自分で生活ができるよう、また運動能力の維持ができる

ように訓練をされます。


パワーリハビリテーション


一般的に、リハビリ特化型デイサービスには写真のようなリハビリマシンが完備されている施設が

多く、利用者様の機能訓練に使用します。

専門のマシンを使うことで安心、安全に運動をすることが可能です。

老化による体力の低下、筋力の低下を、このパワーリハビリテーションで回復させます。

寝たきり防止や足腰の強化につながるような訓練を実施し、利用者様の体力の向上を目指しています。


各施設による多様なリハビリコースと特色

リハビリ特化型デイサービスは、各事業者・法人ごとにその施設の特徴は異なり、さまざまなサービスが

あります。


・体操、レクリエーション、ヨガなどのストレッチを活かした機能訓練


・ベット上でのマッサージを中心にした機能訓練


・フィットネス、運動を中心にした機能訓練


最新マシンを取り入れた運動機能訓練


・音楽・ゲーム、遊びを中心に活動する機能訓練


など、その施設ごとでさまざまな特色を活かしているケースが多くあります。


一般的なデイサービスのように入浴がある施設もあればない施設もあります。

1日単位で通う施設もあれば、半日や2時間だけといったサービスの施設もあります。


多くの利用者様に通っていただくため、サービスの差別化や特色を生かした活動が進んでいます。


そんな社会的にニーズのあるリハビリ特化型デイサービスでは、機能訓練指導員が多く活躍し

各事業者に必要とされています。利用者様に対する個別の機能訓練を計画し、さまざまなサービスを

考える、大変遣り甲斐のある仕事ではないでしょうか。