機能訓練指導員の資格要件とは

機能訓練指導員の資格要件とは

 

機能訓練指導員とは、

 

理学療法士

作業療法士

言語聴覚士

看護師(准看護師)

柔道整復師

あん摩マッサージ指圧師

 

これらの有資格者であれば機能訓練指導員として勤務する事が認められています。

主に要介護者を対象とシア介護施設やリハビリ施設での高齢者への機能訓練を実施します。

 

それぞれの資格の特性を活かそう!

 

機能訓練指導員要件の資格があれば、一般的な機能訓練業務は誰でも実施することができます。

また、下記のようにそれぞれの資格特性を活かし訓練の幅を広げることができます。

 

●理学療法士

◆理学療法を行い、動作能力の回復をはかる

 

理学療法士の仕事は、主に利用者様の基本的な動作能力、日常動作の回復をめざし

理学療法を行います。

 

【運動療法】

筋肉の増強、関節の稼働性、柔軟性の回復を目指して行う歩行調練や車いすの訓練を行います。

 

【物理療法】

バラフィンやホットパックなど温熱で患部の血流をよくする「温熱療法」や、その逆の「冷温療法」など。

超音波や低周波を用いて筋肉を刺激する「電気療法」などもある。

 

一般的には病院でのリハビリ治療に用いられる機能回復の治療方法ですが、

高齢者介護の機能訓練として、身体の回復に応用されています。

 

 

●作業療法士

 

◆手や腕を中心に使った作業を通して、心身の機能回復を目指します。

 

作業療法士の主たる仕事は、体や精神に障害の持つ人、または高齢者の障害に対し、手や腕を使った作業をすることで心身の機能を回復させる作業療法を実施します。

 

理学療法士との違いは、障害の悪いところ(患部)に対し、刺激を与えたり筋肉をつける療法が理学療法と言えます。

一方、作業療法は実生活で多く使われる腕や手、指などを中心に訓練をし、日常の動作が思うようにできるような回復を目指します。

 

・デイサービスにおける作業療法にはトランプやゲーム、お絵かきなどの遊びを通じた作業も、立派な機能訓練になります。

 

 

 

●言語聴覚士

 

◆発生発語を中心に、コミュニケーション機能の回復をはかる

 

言語聴覚士の仕事は、高齢に伴い口・耳・声帯などに障害がある利用者様の機能回復を目指すことが一番の目的になります。

そうした人たちに対して、口・声帯・耳などの発声発語に関する器官を中心にして生活支障がない

程度まで機能回復をさせる「言語聴覚療法」を実施します。

 

・耳が遠くなる

・うまく話せない

 

といった多くの高齢者がもつ障害に対し、ゲームや音楽、コミュニケーションを通じて訓練を行います。

 

●柔道整復師

◆利用者様のねんざや関節痛、筋肉痛などの治療を行い、症状を改善、緩和させます。

 

柔道整復師は、一般的に骨折や打撲、ねんざなどの治療において投薬や手術や手術はせず

人間のもつ自然治癒力を最大限に生かす治療をします。

 

高齢者の機能訓練においてもおおいに応用のできる処置方法であり、介護の現場においても

大変必要性のある医術です。

 

 

●あん摩マッサージ指圧師

 

◆利用者様の肩こり、腰痛、頭痛などの症状を、徒手(あん摩・マッサージ・指圧)にて解消・緩和します。

 

高齢者特有の血流障害や筋肉の痛み、しびれなどを改善する訓練が可能です。

 

 

●看護師・准看護師

◆利用者様へのバイタルチェック、健康管理、インシュリン投与や胃ろう、たん吸引、ストーマ管理などの医療ケアの実施が可能です。

 

介護度や医療度の高い高齢者に対する専門的な処置や投薬が可能。

また、看護の目線から利用者様のメンタルケアや体調の管理を行います。