機能訓練指導員になるには

機能訓指導員になるには

国家資格を取得し、機能訓練指導員へ

資格要件に該当する国家資格を、各種養成校で学び、国家試験に合格し、就職をするのが一般的な機能訓練指導員への道のりです。

 

1、柔道整復師

大学受験の資格がある者が3年以上

国が認定する柔道整復師専門学校や大学で学び、国家試験を合格する必要があります。

 

2、理学療法士・作業療法士

大学受験の資格がある者が3年以上

国が認定する作業療法士の専門学校や大学で学び、国家試験を合格する必要があります。

 

3、あん摩マッサージ師

大学受験の資格がある者が3年以上

国が認定するあん摩マッサージの専門学校や大学で学び、国家試験を合格する必要があります。

マッサージの専門学校では針灸の学科だけを扱う学校もありますので、注意が必要です。

 

 

看護師の資格を活かし、機能訓練指導員へ

機能訓練指導員の資格要件には「看護師・准看護師」があります。

もともとは病院で医療の現場に携わっていた看護師さんが、転職で機能訓練指導員として活躍するケースは少なくありません。

とくに、医療現場で患者様とのお話やメンタルケアの経験がある看護師さんは、高齢者の方への対応も柔軟に対応でき、現場としても重宝される存在です。

 

 

各種国家試験日程

 

各資格ともに、学校で学び最終的には国家試験を合格しなければなりません。

各資格の日程は例年ですと下記の通りです。

 

 

 

1、柔道整復師  2月末~3月初旬

 

2、作業療法士  2月末~3月初旬

 

3、理学療法士  2月末~3月初旬

 

4、あん摩マッサージ師 2月末

  

 

例年、柔道整復師、作業療法士、理学療法士は3月1週目、あん摩マッサージ指圧師は2月後半という日程が多いようです。就職活動で、すでに内定をもらっている学生でも、必ずこの試験を受験し、合格しなければ就業することはできません。

 

 

 

◎まずは施設選びから!

 

機能訓練指導員として就職活動をするうえで、まず自分はどのような形態の施設で働きたいかを

明確にきめましょう。

それにはたくさんの求人をみて、施設形態を比べる必要があります。

 

たとえばデイサービスといっても、リハビリ特化型のデイサービスなのか、一般的なデイサービスなのか。

または利用者定員の多い大きな規模の施設か、小規模の施設かなど、さまざまな違いがあります。

 

施設をたくさん調べてみることから、あなたに合った施設を探してみてください。

 

◎施設見学は必ず行ってみよう。

 

多くの施設では、面接の前に「施設見学」を受け入れてくれるところが多いです。

やはり、面接だけではわからない事も多くあると思いますので、必ず「施設見学」に行くことをお勧めします。

 

その際、利用者様の数や一日の業務内容、どんなスタッフが勤務しているか。

スタッフの平均年齢など、自分の気になるポイントはすべて確認しておきましょう。

 

また、自分が機能訓練指導員として、その施設でなにを一番求められているのか。

どのような活躍が想定できるのか。しっかり自分の目で確かめてください。

 

◎面接で必ず確認すること!

 

この業界で多いのが、就職してすぐに辞めてしまった。という失敗のケースです。

せっかく入社したのに、すぐに退職となってしまえば、施設としても本人にとっても

非常に不利益な状況になります。

 

そんなミスマッチがないよう、面接の際に入社条件はしっかり確認しておくことです。

 

・残業はどの程度あるのか

・休みはしっかりとれるのか

・転勤はあるのか

・将来のステップアップはできるのか

・昇給や賞与について

 

などなど、後々「聞いていない」や「知らなかった」では済まない問題も多くあります。

自分が少しでも気になることは、遠慮なく確認してください。