機能訓練とリハビリの違いとは??

デイサービスや介護施設での機能訓練と病院で行われるリハビリは、よく

一緒の意味でつかわれる事がありますが、実は全く概念が異なります。

 

通所リハビリと医療的リハビリとは報酬単位も目的も違うのです。

デイサービスの機能訓練は生活機能訓練がメインとなります。。
ケアマネジャーが利用者の個々の状態をみながら介護計画(ケアプラン)を作り、生活行為に対する歩行の維持や体力維持、予防介護などの為の機能訓練を実施します。

 

たとえば、歩行練習が必要な利用者様がいれば、一緒に歩行練習を30分行う。

これも立派な介護報酬の加算になります。

あくまで利用者様の「生活行為」に対する支援が、デイサービスで行われる機能訓練です。


病院で行われるリハビリは、怪我や障害に対しての「治療」という意味合いが大きく、

デイサービスで行われる生活行為の支援とは大きく意味が異なるのです。

 

また、配置要件はありますが、デイサービスでの機能訓練の場合は生活相談員や介護スタッフがその業務を兼任しても良いとされています。