高齢者向け!

デイサービスのレクリエーション特集!!

 

今すぐ使える高齢者向けデイサービスでのレクリエーションのネタをご紹介!

毎日のレクで介護予防、機能訓練に効果のあるネタを紹介します。

 

ゲームや体操、簡単なリハビリまで使えるレクリエーション素材・リンク一覧

レクリエーションとは??

 

デイサービスなど介護の現場での主な活動は、食事・入浴・排泄・就寝、、、、

 そしてレクリエーションになります。

 

レクリエーションはデイサービスでの一番の大切な時間といっても良いでしょう。

 レクを通して他社と交流する、生きがいを作ることができます。

 

ゲームや体操、介護予防を通じて利用者様の日常に楽しい時間を提供します。

 レクが楽しければ利用者様もデイサービスを好きになり、生き生きとした日常を取り戻せる

 また、レクを通じて機能訓練や認知症予防などの効果的な介護効果も期待できますので

 利用者様が無理なく、楽しく実践できるレクを準備しましょう!

 

高齢者がレクリエーションをするメリットとは

 

■寝つきがよくなり、健康的に

往々にして高齢者の多くは、運動不足の自覚なしに生活をしている場合が多いです。

運動不足というと30代や40代の方に限った話ではありません。

そうなると必然的に眠りが浅くなり、寝つきも悪くなります。これは体調にも影響し

悪循環です。かといって激しい運動を高齢者の方に進めるわけにはいきません。

そこでレクリエーションを実施して、無理のない運動不足の解消を目指すのです。

 

■楽しみができる

多くの高齢者が、年を取ると家に一日中ひきこもり、外にはなかなかでないという生活を

するようになります。

部屋に閉じこもっていないで出かければ?といっても一人で自由にいけるわけではありません。

デイサービスのレクリエーションでは、他者とのかかわりや外出レク、創作をすることで生活に

新しい楽しみができます。気持ちにやりがいを見つける事で若さや介護予防にもなるのです。

 

■人とのかかわりが増える

レクリエーション活動は個人で行うレクもありますが、多くがグループレクリエーション。

つまり他者とかかわり、協力して行うものがあります。

人とかかわり、会話をし、コミュニケーションを図ることは脳の活性化にもつながるのです。

 

■体力維持の効果

人は毎日なにもしなければ、日々体力は衰えます。

高齢者にもなればそれはさらに加速し、体の筋肉は落ち、免疫力も落ちてしまうのです。

レクリエーションでは簡単なゲームでも足や腕を多くつかう機会があります。

椅子に座ったままでも、運動をしたり、神経をつかうことで体力の維持を図ります。

 

 

 

デイサービスのレクリエーションを考えるポイント


レクリエーション活動は、細かく分類すると次のような10項目に分けられます。

高齢者のレクリエーションを考えるうえで、その個人のニーズや状態によりさまざまなメニューを考えることができます。


①身体的活動・・運動や体操、スポーツなど


②文化的活動・・音楽、絵画、美術、鑑賞、読書など


③教養型活動・・各種学習、パソコン練習、お稽古など


④娯楽的活動・・映画、パチンコ、スロット、麻雀など


⑤休養型活動・・くつろぎ、温泉など


⑥移動型活動・・ドライブ、旅行、遠足など


⑦自然型活動・・散策、花見、紅葉鑑賞、畑作業、植物栽培など


⑧社交型活動・・雑談、ゲーム、お茶会など


⑨奉仕型活動・・ボランティア、お手伝い、お掃除など


⑩イベント型活動・・お祭り、誕生会、季節行事など


これらの分類のレクリエーションを日々交互に考えていくと良いでしょう。

また、利用者様から好評だったレクや、不評だったレク、問題が起きたレクなど

日々の記録に残していくことをお勧めします。

 

介護予防・体操レク

 

■椅子を使った体操・介護予防レク

 

デイサービスに通われる高齢者の利用者様は基本的に歩行が困難な方も多く、

体操や体を動かす際は椅子に座ったレクをお勧めします。

椅子に座りながらでもできる簡単なレクリエーションであれば利用者様も負担なく

参加できます。

・参考動画:介護予防運動①

・参考動画:介護予防運動②

 

 

ゲームで介護予防!レク

レクリエーションでゲームを取り入れているデイサービスは多いと思います。

利用者様に楽しみながら介護予防をしていただく機会になりますので、できるだけ

楽しい遊びネタを準備しておきましょう!!

普段デイサービスに来てなにも話さないひとも、動かないひとでも、誰でも楽しめるゲームを

行うことがポイントです!

多くのデイサービスが集団でのレクを行いますので、参加している利用者様が楽しみながら

頭や体を使えるように工夫してみてください!!


・参考動画:高齢者のレクリエーション

 

 

塗り絵等の創作レクリエーション!

 

デイサービスではよく取り入れている創作レクリエーション!

塗り絵や書道、工作をすることは利用者様の脳や手先の介護予防に非常に効果があります。

ものを作ったという達成感や創造性がうまれ、またデイサービスで楽しみたいという気持ちになります。

また、創作は認知症の予防にも大変効果的といわれています。

意欲のある利用者さんは本当にたくさんの創作をして楽しみますので、ぜひこちらの素材を

活用ください!

 

音楽や楽器を使ったレクリエーション

 

デイサービスではカラオケも設置している!なんていう施設も増えてきているほど、この

音楽レクリエーションは利用者様に人気のメニューです!

子供の頃や若いときになじみのある曲を歌ったり、演奏をすることで昔を思い出したり

刺激的な時間を得られる効果があります。

 

また、ピアノやキーボード、簡単なカスタネットでの演奏などを楽しむことで

利用者様のリズム感や脳のトレーニングに大変効果のあるレクです。

 

これは音楽療法ともいわれ、音楽を通じて認知症や介護予防の一環として取り入れている

施設が多くあります。

 

 

レクリエーションで機能訓練!

 

レクリエーションをして楽しみながら、利用者様の機能訓練を実施するトレーニングも

大切です!できれば大変なトレーニングと思わせないように楽しいゲームなどを実施して

機能訓練につなげます。

 

身体機能と体力を維持し、可能な限り自立した生活を送ることができるようになることを目的とし、

理学療法士や作業療法士が監修したレクリエーションをレクを実施しましょう。

 

歩行練習や筋力トレーニングのためにボール遊びをしたり、

ストロー等を使った口腔トレーニングもおススメです!

 

 

 

外出、屋外でのレクリエーション

 

デイサービスでのレクといえば、対外は施設内での簡単な遊びがメインにありますが

施設の中では週に1度は外出レクを実施するなど、屋外でのレクに力を入れているところもあります。

 

利用者様が施設にずっと閉じこもっているより、外の空気をすってリラックスしてもらう。

また、そんな外出レクが楽しみでデイサービスにくる利用者さんも多いようです。

 

■野菜やお花の栽培レク

施設の庭や近くの畑を借り、野菜栽培や植物菜園をレクにしている事業者は多くあります。

植物や食べ物を育てるので、毎回デイサービスにくるのが楽しいと好評のレクですね。

 

■公園などへの遠足レク

近くの公園や植物園などへ送迎者で遠足にいきます。

天気の良い日は利用者様にとっても大変リフレッシュできる時間を提供しましょう。

 

■小学校、幼稚園などへの交流レク

施設近くの地域の交流として、小学校や幼稚園の生徒さんと一緒に遊ぶ

交流会レクも多く行われています。世代を超えて交流することで互いに楽しい時間を共有できます。

 

<外出レクの注意点>

・外出レクでは事故やけがのリスクが高まります。

 常に利用者様から目を離さず、また体調の悪い利用者様を無理に外出レクに参加させるなどの

 サービス提供は大変危険です。

 安心、安全を第一に考え実施してください。

デイサービスでできる季節のイベントレクリエーション

 

デイサービスでは定期的なイベントやお祭りを実施しましょう!

 

デイサービスの運営には、利用者様がみなさんで楽しめるようなイベントやお祭りなど、季節に合わせた催しを定期的に開催してみましょう。 

 

今回はそんなデイサービスで使えるイベントやお祭りを特集します。

 

 

 

〇お茶会イベント

 

美味しい緑茶や抹茶。お菓子を食べます。

 

・お茶会、茶道体験を皆さんで体験しましょう。

事前に琴や和風音楽をBGMで流し、雰囲気を作りましょう。

 

①ようかんや和菓子を用意し、みなさんで分け合いましょう。

②抹茶を用意してお湯を注いであげます。

③みなさんで抹茶、お菓子をいただきます。

 

いつものおやつの時間よりも本格的なお茶会の雰囲気をだして楽しみます。

 

 

〇プチ遠足

 

気分転換に、近くの公園や観光地に遠足に行きましょう。

利用者様にとっては気分転換、リフレッシュになります。

 

できれば季節のお花や風情が感じられる場所が良いですね。

 

・車いすの方でも参加できる場所かどうか

・お手洗いが近くにある場所かどうか

・危険な場所ではないか

 

上記のポイントを事前にチェックしておくべきです。

 

・できれば30分以内で車で送迎できる場所がベストです。

・目的地では景色や風景を楽しみましょう。

・みなさんで写真を撮ったり、ビデオを回して、後日一緒に見れるようにしましょう!

 

 

 

〇お花見

 

春といえば、お花見。

デイサービスではお花見イベントを実施する施設が大変多いですね!

 

利用者様とサクラを楽しみ、みなさんの心がやすらぐ時間をつくりましょう。

 

・晴れの日を選んで近くの公園など、サクラの見える場所にいきます。

・お菓子やお茶を用意して、みなさんでお花見を楽しみます。

 

サクラの木の下で集合写真をたくさん取りましょう!

 

 

 

〇お誕生日会

 

利用者の誕生日をみなさんで祝って、楽しい時間を共有しよう。

 

 

・できれば利用者様の誕生日は事前にデイサービスに掲示しておきましょう

・誕生日以外の利用者様に集まってもらいます。

・誕生日の利用者様に入場してもらい、みなさんで拍手で祝います

・お誕生日の歌をみなさんで歌い、ケーキをたべましょう!

 

利用者様にはバースデイカードなど、記念になるプレゼントをお渡しすると喜ばれますよ!

 

 

〇夏祭り

 

夏は施設や施設の庭などで夏祭りをしましょう!

 

・事前にお祭りにあうBGMを流し、雰囲気をつくります。

・スタッフはハッピや鉢巻などの衣装を用意するといいですね!

 

①夏祭りなので、たこ焼きやかき氷、綿菓子など、お祭りにあるような食事を提供

②地元の子供たちやご家族を招待しても良いでしょう。

③投げわやトランプ、手品、ビンゴなどのゲームをしましょう

 

 利用者様が少しでも笑顔になるように心がけてください。

もちろん、嫌がる利用者様を強制的に参加させるのはストレスになりますので、バランスをとりながら実施してください!

 

デイサービスで高齢者とレクリエーションをする際の心構えと注意点とは

高齢者のためのデイサービスのレクリエーションの心構えと注意点とは

 

レクリエーションをするための基本的な心構え

 

 

・高齢者、認知症を理解する

 

高齢者の方、特に認知症の利用者様は「動作が遅く、物忘れが激しく、文句を言う」というような

特有の行動がある場合も多くあります。

職員はそういった利用者様に対し不満や不安を抱くこともあるかもしれません。

しかしながら、利用者様は職員よりも人生経験が多く、人生の大先輩です。

つねに高齢者の方を尊び、認知症などの症状も理解して向き合いましょう。

 

 

・高齢者目線で楽しもう

高齢者や車いすの利用者様の目線に常にたち、一緒に楽しむ気持ちで接しましょう。

 

 

・安全、心地よい環境を作る

デイサービスのレクリエーションは安全が第一です。

つねにヒヤリハットに注意して、施設の環境を整備しましょう。

また、車いすの方でも参加できることを考え、トイレへの誘導やスペースの確保を計画します。

 

 

・あくまでも参加は本人次第です

レクリエーションは強制参加ではありません。

本人が絶対に参加したくないというレクは利用者様に判断していただきましょう。

じょじょに声掛けをしていき、レクに慣れていただけるよう、バランスをとりながら参加を促すことをお勧めします。

 

 

 

スタッフの心構え

 

・元気に大きな声で

まず、レクリエーションを成功させるには、スタッフが元気に楽しまなければ

利用者様も楽しくありません。

高齢者の方は耳も遠い方も多いので大きな声で元気に進行しましょう。

 

 

・それぞれのテンポで無理なく

レクをしていると、利用者様それぞれのスピードで無理なく行います。

動作の遅い利用者様に無理をさせないように気を付けてください。

また、遅れている利用者様がいたら、その方に合わせるように進めてください。

 

・目線は利用者様に合わせましょう

利用者様を見下したり、上から目線ではなく。

つねに利用者様の目線にたってレクを行いましょう

 

 

・スタッフみんなで担当をわける

毎日、レクリエーションの司会、アシスタントといった担当を分けて実施しましょう。

レクの実施もチーム力が必要です。

司会の人をサポートする方、利用者様の安全をチェックする方といった役割分担をして

スタッフ全員が参加できるレクにしましょう!

 

 

・安全第一

レクの実施は安全が第一です。

どのようなプログラムであっても、事前に危険がないかどうか予測、計画をして

未然に事故を防ぎましょう。

またレクの最中も利用者様全員が見渡せるようにチェックします。

 

 

・レクは毎日メモ、改善

デイサービスのレクは、毎日反省点などもメモをとりましょう。

常にレクの質が向上できるように改善点や気になることはすべてメモに残します。

スタッフみんなで共有し、レクリエーションを日々楽しいものに進化させていきましょう!!